中年に向いているダイエット方法・オルリスタット

ハンバーガーを食べる男性

中年とは40~50歳くらいの年齢を指しますが、この年代は新陳代謝が下がってくる時期です。
何もしなくても生きるために消費されていたカロリー(基礎代謝)が減少してくるため、若い頃と同じように食事をとっていても太りやすくなります。
また、男性だと中年の時期は重要な役職についてストレスが溜まって食べてしまったり、お酒の席の付き合いが増えて脂っこい食事に偏ってしまうこともあります。
女性もこの時期には更年期に入ってホルモンバランスに乱れが生じるので、太りやすく痩せにくくなります。
中年に入ったら、意識的に食生活や運動習慣を見直していく必要があります。

食生活では色に気をつけて食べるようにします。
ご飯ばかりだと真っ白の食卓ですが、そこに卵の黄色、肉や魚の赤、野菜の緑、オレンジ、などを加えてあげると栄養バランスが良くなります。
栄養バランスをいちいち考えて献立を作るのが面倒な人はせめて色のバランスを考えて食べるように心がけましょう。
運動は痩せるために行うというよりも、痩せた体を維持させるために行います。
つまり筋肉をつけて新陳代謝を高めるということです。
いきなりきつい運動を行うと膝を壊してしまう危険性があるので、軽めの運動や筋トレから始めて、徐々に強度を上げていきましょう。
脂っこい食事の付き合いがどうしても断れないという時には、オルリスタットという肥満治療薬を使う方法もあります。
オルリスタットは脂肪吸収を阻害してくれる薬です。
1ヶ月でなるべく効果を出したいという時には、タンパク質と脂質をメインにした献立でオルリスタットを使うと良いです。
1ヶ月で痩せても良い体重は現体重の5%と言われているので、1ヶ月+αでダイエット計画を立てていくようにしましょう。

サイト内検索
人気記事一覧